【ビッチが田舎にやってきた】第2話のネタバレ・あらすじ

【ビッチが田舎にやってきた】第2話のネタバレ・あらすじ

ハンディコミック【ビッチ!?が田舎にやってきた[KATTS]】LP1※スマホ専用≫【ビッチが田舎にやってきた】無料立ち読み

2話タイトル「ビッチは連続で何発でも腔内出しOKってAVで見たぜ!」

転校初日から、ビッチだと思われた上原奈緒は、

性欲に飢えている生徒たちから、体をいじられ始めるのです。

いかにも童貞クサい田舎者を
ちょっとからかうつもりだったのに、それが災いする。

おっぱいを強く吸われたり、揉まれまくるとアソコが濡れてくるのです。

もしかして、濡れてる?

これは、ちがうの…必死に取りつくろう奈緒ですが、

やっぱりビッチなんだと思われるのです。

俺たちを誘ってるんだ…すっかりその気になった田舎者は、

挿入の1歩手前まで持っていく。

先っぽだけだからいいだろ?なっ?

と言いつつ。

ズッポリと根元まで挿入!

そんな大きいの無理だからっ!

絶対入らないと思っていたデカ○ンが奥まで入ってきて悶絶…

思わず、エッチな声があがっちゃうのです。

マジ無理だから…

早く抜けって…

早くヌけって?分かった!

やっぱ都会の女は違うなと、大はりきりで腰を振りまくる。

自らヌいてといってくるなんて、なんてエロいんだ!

上原奈緒のおっぱいを上下に揺らすほど突きまくる。

抜くって、そっちの意味じゃないからっ!!

大声で言っているのに、完全無視の田舎者。

おっしゃあ。ギャルマ○コに中○○!

バコバコに突いて、大量射○。

イモみたいな田舎精○を食らって、言葉を失うビッチJK。

大好きな彼氏にもさせたことないのに…

続けてさっきの彼と2ラウンド目に突入。

もうホント無理だから!

初の中○○を食らったうえに、連続セックスはきついようす。

でも、ビッチは何発でもできるってAVで見たぜ!

と、アホなことを言ってくるのです。

「それフィクションだから!ファンタジーだから!」

お願いだから、もうやめて…

と、イスにしがみつきながら、ギブアップ宣言。

それでも、やめてくれないせいで、イキそうになってくるのです。

ありえない…彼氏以外のでイかされるなんて。

このままだと、本気でイッちゃうと思った奈緒は、何度も抵抗する。

それでも、田舎者のハードな腰振りに押し敗けて、一方的に突かれるビッチJK。

顔が真っ赤になって、いよいよイキかけるのです。

それと同時に、田舎者もフィニッシュ寸前。

さっきよりも腰の振りがハードになり、いよいよ上原奈緒も言葉を失ってくる。

おら!!行くぞビッチ!と言わんばかりに、ガムシャラに突きまっくって、

2発目の中○○…

ドピュ!ドピュ!

「うあああああ!」

イキ過ぎて、意識が飛びかける!!

さらに、3ラウンド目が待ち受けていたのです。

「もうイッたから!イッてるからっ…!」

ズプン

「…!?」

ハンディコミック【ビッチ!?が田舎にやってきた[KATTS]】LP1※スマホ専用≫【ビッチが田舎にやってきた】続きを読んでみる

【ビッチが田舎にやってきた】第1話のネタバレ・あらすじ

【ビッチが田舎にやってきた】第1話のネタバレ・あらすじ

ハンディコミック【ビッチ!?が田舎にやってきた[KATTS]】LP1※スマホ専用≫【ビッチが田舎にやってきた】無料立ち読み

1話タイトル「都会の子ってみんなビッチで生ハメセッ○スしてるんだろ!?」

東京からビッチギャル転校生がやってくる。

名前は、上原奈緒で、金髪のツインテール。

男子なら全員虜になるような可愛さなのです。

都会からギャルがやってきたぞ!!とおおはしゃぎの男子。

休み時間になれば、みんなで彼女を囲って質問。

そのアクセどこで買ったの?

ラーメンは一時間並ぶって本当なの?

彼らはネットで知った情報を根掘り葉掘り聞いてくのです。

ただ東京から田舎に来たってだけなのに、

ちやほやされる奈緒。

田舎くさい男子に囲まれながらも、悪い気はしないのです。

質問はまだまだつづき、

今度は下の方へと発展…

東京の子って、いろんな男とヤりまくってんだろ?

お金払えば、口でヤってくれるんだろ?

と、女の子に聞くのです。

彼らの間では、都会の女は、ビッチという噂があるようで、

あまりいいイメージではないらしい。

まさか、そんな風に思われてるなんて…

イメージ最悪じゃんと思いつつ、

「ないない」と、否定。

ここで何を思ったか、

彼女は田舎の男子をからかいはじめる。

いかにも童貞って感じの彼らを、その気にさせてやろうと
するのです。

「パンツくらいなら見せてあげてもいいけどぉ?」

そう言ってパンツを見せつける。

もう男子もおいらも大盛り上がり!

「こ、これがギャルの生パンチラ!」

たかがギャルのパンツ、されどギャルのパンツ。

どんだけサカッてんだよ、コイツら…

と言われようと、テンションが上がって仕方ないのです。

もうパンツに釘付けの彼らは、ガン見。

キモっ。見すぎだからっ。
と言われても関係ないのです。

はい、終わりっ。

股を閉じて終わらせると、今度はオッパイを見せてくれと頼まれる。

パンツを積極的に見せてくれるってことは、やっぱりビッチなのかも…

それならオッパイも見せてくれるだろうと、頼み込むのです。

ビッチのオッパイなんて、そうそう見れるもんじゃない。

お前だけが頼りなんだ!!
いいだろ?なっ?なっ?

と、しつこくせがまれ、
生乳を見せるハメに。

顔が赤くなりながらも、生乳を見せてあげるビッチ。

すると、男子のテンションはヒートアップ。

奈緒からすれば、これで終わりのつもりだったが、

男子からすれば、このビッチは何でもやってくれると思い込むのです。

都会の女はビッチという噂が、確信に変わったため、一斉にビッチに襲いかかる。

オッパイを見るだけだったのに、我慢ならなくなった田舎生徒は、揉み始める。

おいおい、発育良すぎるだろ!やっぱりビッチは違うなぁと、手が止まらなくなってくる。

ちょっ、さすがにそこまでやっていいとは言ってない!

と注意するのに、乳首を強く吸われたりして、抵抗できなってくるのです。

だんだんアソコも濡れてきて、いよいよマズイ展開に…

あれ、濡れてんの?

乳首を吸っただけで濡れるなんて、やっぱりビッチなのか?

きっと誘ってるんだ!そう思い込んだ田舎の生徒は、

ビッチのマ●コにデカ●ンを当てつけるのです。

ま、まって…そんなおっきいの…
ハンディコミック【ビッチ!?が田舎にやってきた[KATTS]】LP1※スマホ専用≫【ビッチが田舎にやってきた】続きを読む